厳選キャンプギアをまとめて紹介!→CLICK

NUMBER SHOTの素晴らしさを語りたい!【NUMBER SHOT 2021体験レポート】

はい、もやしです

ついについについにこの日が来た…

ナンバーショットじゃああああああああああああ

1週間前からドキドキしてたよ

本当に開催されるのだろうかという不安がありながらも

無事に開催されることになりました!

ということでPayPayドームに到着

ライブTとかライブタオル持ってる人がたくさんいる

もはや懐かしい光景だよ

今回はフードとドリンクの販売もあります

徐々にだけど、コロナ前のフェスの姿に戻ってきてる感がありますね

残念ながらアルコールの提供はまだありませんが

フェスが開催されるだけで嬉しいね!

さっそく体験レポートしていきます!

スポンサーリンク
目次

Day 1 「ついに”ライブ”が帰ってきた」

Day 1 行きかう人々のライブTやグッズをちらちら見ていて感じたこと

圧倒的エルレ率

信じられないくらいエルレのTシャツ着てる人がいます

エルレを見る機会なんて今後そんなに多くないのかもしれないということで

エルレの物販どこにあるのかな~と探してみました

最後尾見つけたとき、列はこんな感じでした

左下の青い丸が物販で、そこから伸びている線が列です

画像はNUMBER SHOT 公式ホームページより引用

ドーム3/4周くらいしてるじゃん!

今10時だよ?あなた達何時から並んでるの?

Twitterで検索すると「朝5時の段階で列ができていた」との投稿もありました

すげぇなエルレ

さすがにこれは買えないということで会場にインすることにしました

NUMBER SHOT は入場時のチェックがとてもしっかりしていると思いました

入場に際して必要なものが3つ

  1. COCOAアプリ
  2. NUMBER SHOT アプリ
  3. e+アプリ(スマートチケット)

これら3つのアプリで濃厚接触者の確認、問診票、チケットという役割分担をしています

入り口で検温をして、ワクワクしながら会場に入ります

気になる座席は…

なんか遠くない???

野球見るならバックネット裏って結構いい席だけど

ライブだと割と遠い感じがする

ちょうど外野のあたりがステージになってるのかな

オフィシャル一次選考で申し込んだから当然アリーナだと思ってました…

まぁ、真正面だから見やすくていいよね!

ちなみに、1日目は残念ながら前方スタンディングブロックの抽選は外れてしまいましたので

1日この席で過ごすことになりました

ちなみに今回座った座席は、通常の野球の試合では「みずほプレミアムシート」という特別な座席となっております

お値段約1万円

普通の野球の試合では高級な座席なんですよ~

高級なだけあって、おしりと背もたれの部分にクッションがついており、とても座り心地が良かったです

さて、ここからライブレポートしていきます!

正直、全アーティストは見てないので、見たアーティストのみ感想をお伝えしていきます

オープニングアクト:FAITH

オープニングアクトとしてパフォーマンスを披露してくれたFAITH

大きなフェスなどでオープニングアクトとして出るアーティストはこれからもっと大きなステージで活躍していく

そう思っていましたが、今年の8月にFAITHは解散してしまうという話をステージ上でしておりました

それぞれの夢に向かっていく彼女たちにとってNUMBER SHOTの舞台でパフォーマンスができたことが

大きな財産になると思います

ROTTENGRAFFTY

NUMBER SHOT2021の一発目のアーティストということで気合十分!

福岡の朝の曇り空を吹き飛ばすような熱いパフォーマンスでした

また来年もNUMBER SHOTで会えますように」というノブヤの言葉が響きました

声が出せなくても金色グラフティーを聞いたお客さんは全員心の中で叫んだことでしょう

SiM

SiMは初めてライブで見ました

バットを担ぎながら登場してくるMAH

今年はPayPayドームということで一曲目からBASEBALL BATで会場を盛り上げる

そしてまさかのカミングアウト「僕巨人ファンなんです

最後の曲、Blah Blah Blahをいつか大声で叫べる日まで待ってます

サンボマスター

何回見ても熱くなれるロックバンド

正直何回も見ているのでゆっくり見ようと思ってましたが

全員本気で全員優勝するために常に全力な彼らの姿にやられました

中途半端な気持ちでごめんなさい

次会う時まで必ず生きてるからな!

THE ORAL CIGARETTES

この日出ていたバンドの中では若いバンドでしたが

その堂々としたパフォーマンスは本当に素晴らしかったです!

ライブという場所が無くなったら本当に俺は困る

山中拓也のその言葉はアーティストだけではなく多くのロックファンが感じているものだと強く感じました

マキシマム ザ ホルモン

見ている人全員ヘドバンしてるんじゃないかと感じるくらいの熱気でした

恋のスペルマでは全員が踊れるようにビジョンに振り付けが出ていました

そしてダイスケはん衝撃のカミングアウト

僕めっちゃ巨人ファンなんです

今日本シリーズで巨人はホークスに2年くらい勝ててませんからね…

その雪辱を歌にして晴らす圧巻のパフォーマンスでした

10-FEET

SEが鳴った瞬間鳥肌が立ちました

「あぁ、俺は”ライブ”を観に来たんだ」

この1週間前、京都大作戦がコロナの影響もあって中止

TAKUMAの抱いている想いは会場にいる誰よりも強いものだったと思います

今回goes onはやりませんでしたが、いつの日かみんなと輪になってgoes onを聞く日が来るのを待ってます

その日まであと少し、もう少し頑張ろう

ELLEGARDEN

私は社会人になってから本格的に邦ロックを聞き始めました

ですので、ELLEGARDENというアーティストを知ったのは他の人よりも少し遅いです

もちろんライブも初めて見ました

見た瞬間にその圧倒的なカリスマ性をこの目で、耳で、心で感じました

「さぁ、ライブハウスに帰ろう」

その言葉は多くのライブファンの明日への期待の言葉とも感じました

生きている間にこのバンドに出会えて本当に良かった

Day 2 「初めての最前」

Day 2 昨日と比べると見に来ているお客さんの年代がかなり若いと思いました

ヤバイTシャツ屋さん/SUPER BEAVER/sumika/BiSH

このあたりのアーティストのファン層は20代の方がとても多いと感じます

気になる物販の列は

大トリのback numberとSUPER BEAVERが同じくらいの列となっておりました

私が初めてSUPER BEAVERを見たのが4年前のCOUNT DOWN JAPAN

その時から考えると、今や日本を代表する本当に素晴らしいアーティストである心から思っています

この日の気になる座席はこちら

もしかして昨日とあんまり変わらない?

ちょっと3塁側に寄っているだけですね

しかも、昨日はみずほプレミアムシートでしたので、座席のグレードが良かったのですが

今日は普通にプラスチック

気持ちお尻が痛いです

そして、昨日はしゃぎすぎたせいで肩回りが筋肉痛でした…

さて、この日は前方スタンディングブロック抽選が当たったアーティストがいました!

それは、ヤバイTシャツ屋さんです!

ヤバイTシャツ屋さん

前方スタンディングブロックに当選したので、さっそく当選した席に行ってみました

まさかの最前

え、神なの?豪運過ぎない!?

しかし、不安要素が一つ

もやし

ヤバT見るの初めてだし、曲もある程度しかわからない…

そんな不安を感じながらも心に決めたことが一つ

「とりあえずめちゃくちゃ楽しもう」

曲知ってる、知らないではなく楽しむことを心に誓いました

そして、ライブが終わりました

「全身汗だくになるくらい楽しかったです」

人間心のどこかでセーブしてるものを開放すると、めちゃくちゃ解放感があって楽しいです

一番印象に残ったことは

ありぼぼマジカッコいい

SUPER BEAVER

フェスで見るのはいつぶりでしょう

今日は何を語ってくれるのか、何を伝えてくれるのかワクワクしてました

そして、3曲目

「多分今後一生やらない曲、今日やってもいいですか」

え…何やるのかな…?

言葉にできない

( ^ω^)・・・

俺が言葉にできねえええええええええええええ

あなたに会えて、本当に良かった

SUPER BEAVER の伝えたいこととこれほどマッチする歌がこの世にあるのだろうか

SUPER BEAVERに会えて、本当に良かったよ!!!

ライブでこの曲を聞けた時点で、私の満足度は100を超えました

sumika

sumikaの音楽ってすごい気持ちをポジティブにさせてくれます

リハーサルの時から「僕たちがあなた達を楽しませます!」という気持ちが伝わってきました

ファンファーレは今のコロナ禍にとてもぴったりな曲だと思いました

この夜を抜けて、闇を抜けて輝かしい未来に向けて進んでいく曲です

BiSH

ついに見ることができました、BiSH

今までフェスに行っても日程が合わなかったり、ほかのアーティストを見ていて見ることができませんでした

コロナ禍であっても踊って楽しむことができるバンド

それがBiSHです

beautifulさ、星が瞬く夜になどアーティストと一緒になって盛り上がれる曲がたくさんあります!

今度観るときは振付しっかり覚えていこう…

残念だったポイント

めちゃくちゃ楽しいNUMBER SHOTでしたが、正直残念なポイントもいくつかありました

通路がこみすぎ

一度入場すると、出口が1つしかありませんので人気アーティストのライブが終わった後に激コミします

出口1つならそうなるわ!

小池都知事が通勤電車の本数を減らすと一時期減らすと言っていましたが

そのことをふと思いだしました

PayPayドームは屋外会場と違って人が移動できる通路が狭いですのでそうなりがちです

全ての出口を開放してくれればよかったのに…と少し思いました

観客の距離感が近い

ライブを見ていると肩を組んで盛り上がっている人もいました

まぁ仲間内とは言ってもねぇ…

こんなご時世なので自粛してほしいなぁと思います

ライブの間時間の会場に流れているBGM

これはめちゃくちゃ個人的な意見です

ライブの間時間で有名な曲やりすぎ!

音源聞いたら久々に聞く感動無くなるやん!

しかも数曲をループしてるので、おんなじ曲ばっか流れる…

中には予習になる人もいると思いますが

各アーティストの有名な曲流してるのに、本番でやらないというがっかり感も同時に出ました

まぁ、これは本当に個人的な意見です

心から許せないと思ったのは次の項目です

ライブを撮影している輩

これに関しては論外

ライブの撮影、録画、録音は禁止というのは当たり前のルール

そのルールが守れん奴がそれ以外のルールなんて守れるわけないんよ

これに関しては、運営さんにも言いたいことがあります

コロナ禍で人員が限られていたり、初めてのPayPayドームでの開催で慣れない会場であったり、感染対策をしっかり行うことの重要性は承知しております

けど、会場内の警備・スタッフ人数が少なすぎませんか?

入場限定の入り口に最後のアーティスまで常時5,6人も配置しておくくらいなら

会場内の見回りなどに人員を割くべきではないでしょうか?

5,000人以上の人が参加しているライブです

全員に対してルール、マナーを呼びかけることはできますが

はみ出す輩は絶対に居ます

もし来年もPayPayドームでフェスやるなら、改善を願います

おわりに(総評)

総評としては

最高のフェスでした!!!

コロナ禍で炎天下を避けてライブを見れるなんて、こんな快適なフェスありません!

来年も同じ場所でやってくれませんかねぇ…

その反面、音楽シーンが世間から白い目で見られることについては

一部の人の行動によりライブ全体のイメージが損なわれていくんだなぁと痛感しました

今回のフェスもざっと見て5,000人はいるんじゃないでしょうか

それだけの人数で全員が全員ルール、マナーを守れるかと言われると正直微妙じゃないですかね

たった一人でも外れたことをしている人がいると、ライブに来ている全員そういう人ばったかんだなぁのイメージと思われガチですよね

今回のフェスももしかしたら後日メディアで良くない報道をされるかもしれません

クラスター出さなければ何やってもいい訳じゃない

ひとりひとりの意識、マナーが音楽業界を大きく揺るがす可能性がある時代です

自分たちが好きなものを守るためにも個々人の意識がより重要になってくると思います

もう少しの辛抱です

頑張りましょう

それでは!

\ぽちっとお願いします!/

スポンサーリンク

Twitterはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる